Surf-a-Go!Go!

20代会社員、脱サラリーマンを目指し、海と波のある毎日を送る人生を夢見ています。少しだけ、貴方の生活に彩りを。

【Kindle】インベスターZ が有益すぎる件

f:id:kenukmm:20180714223525p:image

 

 

 

 

こんにちは!うみちゃです(*⁰▿⁰*)

 

 

今日はドラゴン桜で有名な三田紀房さんのインベスターZを読んでました。TVドラマ放送が開始され、コミックスも7/19までの期間限定で『右肩上がり価格セール』を実施してるんですね〜。めちゃくちゃ安い。笑

 

 

没頭してしまい、10巻ほどまで一気読みしてしまいました(*⁰▿⁰*)

 

 

就活に対する名言

 

第4巻で出てきます。大卒サラリーマンの平均生涯賃金は2.5億〜3億円ほど。サラリーマンの生涯年収・生涯賃金特集-年収ラボ

 

大学生は“就職活動”が当たり前になっているけれども、自分の人生を捧げる企業を選ぶ行為とまで深く考えられていないんじゃないかな。事実、うにみーとはそこまで考えていませんでした。

 

当たり前のように大学3年になったら就職活動をして、所謂就職人気ランキングやらで上位にランクインしてる大手企業を中心に受けていました。

 

就職先=自分の人生を捧げる企業とは露ほども考えずに。

 

世の中に価値を生み出す生産者側の人間になってビジネスしないかぎり、搾取される側の人間になってしまうんですよね。つまり、自分の命=労働力へと転化させて、その対価として毎月の給与をもらってるわけ。

 

このあたりはサウザーさんのvoicyでも散々語られてることですね。一般的なサラリーマン=勤め人は自分の商品を持ってないから、自らの時間を浪費して労働力という商品を売りつづけてるって話。

 

 

投資の勉強もしてなくてなんとなく毎日の学生生活を過ごしているだけでは、就活を始めたところで、希望先の企業に自分の命を捧げるほどの価値があるかどうかなんて見極められませんよね。この考え方にはやく出会いたかったです笑

 

まだ学生の方や就活中の方もインベスターZを読むと、新たな企業研究の視点を学べるかもしれませんよ(*⁰▿⁰*)

 

 

カリスマ経営者とサラリーマン社長

 

 

こちらは第6巻より。

ジャパネットたかたの高田明社長が取り上げられてました。地方のカメラ屋から一流通販会社になる企業がある一方で、他方では潰れてしまうカメラ屋も多く存在する。ただモノを売るだけではなく、自分の商売に強い理念と信念を持ちつづけたからこそ、思い切った決断や行動が取れるんだ、と主人公は考えます。

 

そして保身に走るサラリーマン社長をバッサリ切り捨てる台詞で、成功へ導く経営論として結論づけるわけですね(*⁰▿⁰*)

 

これはイチ、サラリーマンとして凄く納得します。結果サラリーマン社長だけでなく、その下の中間管理職たちも、『自分の責任になること』を恐れて大胆な決断ができないんですよね。上から言われたことしかできない、指示待ち人間のできあがり。うちの会社にも思い当たる節があるなーって思いました。笑

 

 

投資を始めたうにみーとにはとても勉強になるし、投資をしてなくてもお金に関する金言が詰まってるのでオススメです!

 

今ならKindleで第1巻から衝撃価格なので、まずは1巻だけでも読んでみましょう!面白くて勉強になるので、サクサク読み進めること間違いなしですよ(*⁰▿⁰*)

お得な右肩上がりセールは7月19日までです★